多忙でも、くたばらない!芸人・伊達みきおの移動中&宿泊先での安眠法
「M-1グランプリ2007」で敗者復活戦から優勝を果たし、一躍人気芸人となったサンドウィッチマン。現在はテレビとラジオを合わせて10本のレギュラー番組をもつほか、雑誌などのメディア出演をはじめ、ライブや復興支援活動にも力を注いでいます。全国を飛び回る日々を送っていますが、「この仕事は身体が資本。だから、僕は睡眠が一番大切だと思っている」と語るサンドウィッチマンの伊達さんに、健康的に仕事を続けられるコツを伺いました。

 

乗り物に乗ったらすぐに寝る。芸人はそうじゃないとくたばっちまう

乗り物に乗ったらすぐに寝る。芸人はそうじゃないとくたばっちまう

富山でのライブを終えて、その足で翌日の仕事先である仙台へ。かと思うと今度は愛知へ行き、またひと仕事を終えてようやく一路、東京へ。芸人は移動も仕事のうちといいますが…。

 

「この仕事を始めてから、移動は寝る時間なんです。だからってわけではないですけど、僕、どこでもすぐに眠れるんですよ。飛行機も離陸する前に寝てしまって、着陸の衝撃で起きる、みたいな…。10分ぐらいのタクシー移動でさえも寝てしまいます。僕らのように移動の多い仕事は、合間を縫って眠らないとくたばっちまいますからね。芸人の多くがネックピローを使って寝ていますが、僕はあれを使うと逆に苦しくて眠れないので、なにも使わずにとにかく寝ています」(伊達さん)

 

どこでもすぐに眠れる体質は、会社員時代に培ったともいいます。

 

「芸人になる前、いっときサラリーマンをやっていました。営業先には車で回るんですけれど、安全運転のために車の中で仮眠を取ることも多々あって、その経験も “どこでもすぐに眠れる体質”を培ったんでしょうね」(伊達さん)

 

仕事には重宝する、どこでもすぐに眠れる体質。とはいえ、これが意外なところで裏目に出てしまうこともあるのだとか。

 

「新幹線に乗って家族旅行をしたときに、すぐに眠たくなってしまって…。カミさんに、『なんでいま起きたばかりなのに眠いの?』とチクリと言われたり、娘にも『なんで寝るの? お弁当を食べたり景色を見たりして遊ぼうよ!』 なんて言われたり。だけど、こっちは眠くてしょうがないんです(笑)」

 

芸人の仕事には必要不可欠な体質は、悲しいことに家族にはやや不評のようです。

次のページ:お金がないから寝るしかなかった。1DK二人暮らしの若手時代

1 2 3 4