素敵な朝ごはんから始まる“理想の自分”。村上萌 の睡眠プロデュース術
“ライフスタイルプロデューサー”というこれまでにない肩書きで、企業の商品やイベントのプロデュースを手がける村上萌さん。現在では「次の週末に叶えたい理想の生活」をコンセプトに、メディア型プロデュースチーム「NEXTWEEKEND」を立ち上げるなど活躍の場を広げています。いまや“ライフスタイルの仕掛け人”として確かな地位を獲得した村上さんですが、彼女がたどり着いた「理想の生活」の裏には、睡眠への意識改革が必要不可欠だったのだとか…。

仕事のクオリティを追求する“理想の自分”になるには、睡眠不足ではダメ

仕事のクオリティを追求する“理想の自分”になるには、睡眠不足ではダメ
次々と「新たなライフスタイル」を提案していく村上さん。そんな彼女のフレキシブルな発想の原点は「ミス成蹊大学のグランプリに選ばれ、情報番組の学生レポーターを経験させてもらったこと」だったそう。
 
「番組では流行りものを紹介するレポーターを担当していたんですけど、ほとんどテレビ局側に指示されるままで、自分の言葉ではない、思ってもいないことを発言していたんです。『本当はこれが流行ってます』なんて言っても、私はただの女子大生ですから話なんか聞いてもらえなくて。だから自分が流行を“仕掛ける側”になって、『それをみんなの心に響かせられる、説得力のある人になりたい』と思うようになったんです」(村上さん)
 
そんな村上さんですが、就職活動はしたものの、ここだ!と思えるところが見つからず、なんと就職先を決めないまま大学を卒業してしまったそう。
 
「友達が入社式に向かう様子をSNSなどで見ていると焦りはありましたが、なんとかなるって根拠のない自信だけはあって。毎日とにかく自分にできることを探してもがいていました。そんな中で、偶然声をかけてもらったFOREVER21コンテストの1次審査合格の通知が来て『失うものもないし、絶対に勝とう。何かが変わるかもしれない』と感じ、根性でグランプリを獲得。FOREVER21が日本に上陸した直後で注目されていたこともあり、ブログのアクセスが少しずつ増えて、このチャンスを逃さないようにと、ひとまずブロガーを名乗りながら『説得力のある人になりたい』という思いで駆け回っていました。そうするうちに、少しずつメディアへの露出や影響力が増して、自分の提案が通るようになっていったんです。そうやって目の前の仕事に一生懸命取り組みながら、学生時代から興味のあった「プロデュース側」へシフトチェンジしていくようにしました。“ライフスタイルプロデューサー”という肩書きは、プロデュース業を続けていく中で誰かにそう呼ばれたことがあり、『いいな!』と思ったので、そのまま使わせてもらっちゃいました(笑)」(村上さん)
 
順風満帆のように見えた村上さん。しかし、忙しさにかまけているうちに少しずつほころびが出てきたそう。
 
「ライフスタイルプロデューサーとして仕事をしているときは、とにかく仕事が楽しかった。自分にしかできない仕事や挑戦したいことが山ほどあるので少しの時間も無駄にしたくない。だから睡眠時間なんて削ってもいい、って思っていました。実際、徹夜することも多かったですしね。でも寝ないと明らかに仕事のクオリティが落ちるんですよ。『もっとできるはず』『ワンランク上の提案ができたのに』と。自分が思っていたような結果を出せないのは、たいてい寝不足のときでした」(村上さん)

次のページ:起業して、さらに責任感+睡眠への意識が高まる

1 2 3 4