能町みね子の人生訓“無理をしない”。 眠れないときはSNS上で感情整理
数々のエッセイやコラム、マンガの連載を抱え、テレビ出演もこなす能町みね子さん。TVやネットで話題になった『プロ彼女』という言葉に代表されるように、世の中を捉える鋭い視点と、ピリッと皮肉が効いた作品や、哀愁漂う中にも優しさのある作品が人気を呼んでいます。頻繁に更新されるTwitterでは『寝る時間を削ってまで仕事をしたくない』という発言があったものの、これだけ多忙であれば睡眠時間はあまり取れていないはず…。一体どのように日々を乗り切り、鋭い発想力と分析力を保っているのでしょうか?

今では考えられない!? 以前は超健康的な朝型生活だった

今では考えられない!? 以前は超健康的な朝型生活だった
「最近は、日が変わる前に寝ることはありませんね。眠りにつくのはだいたい明け方です」という能町さん。現在の忙しさを考えれば、それもやむなし…かもしれませんが、元から夜型生活だったのではないでしょうか?
 
「高校生の頃はマジメだったので、遅くまで起きていちゃいけないという認識があって、遅くとも日付が変わる前には寝ていましたね。試験勉強などでも、完徹したことはないです」
 
大学では、授業にきちんと出席しつつ、音楽サークルに参加して週2日ほど活動をしたり、アルバイトをしたりと、ご本人も「まあまあ“リア充”だった」と振り返る、大学生らしい生活を送っていたといいます。
 
「その頃は一人暮らしで自由だったこともあって、飲み会などで夜遅く帰ってきて昼まで寝ているという日もありました。大学では、よくPCのある情報棟に入り浸っていました。インターネット黎明期で、暇さえあれば情報棟でネットサーフィンやホームページ作成をしていましたね」
 
自由な4年間を謳歌した後、能町さんは実家へ戻り就職。最初の職場へは、家から1時間以上かけて通っていました。
 
「朝は6:30くらいに起きて出勤していました。終業は17:30〜18:00くらいだったので、ちょっと買い物して帰るということもありましたが、家に帰ってからは夕飯を食べて、寝るだけだったと思います。でも、実はその頃のことは、仕事が嫌すぎてあまり覚えていないんです(笑)」
 
勉強にしろ、仕事にしろ、「夜更かしをして頑張る」ではなく「ちゃんと睡眠時間を確保する」タイプだった能町さん。無意識だったとはいえ、睡眠への意識が高い優等生だったようです。
 
しかし、現在は仕事柄、どうしても夜型生活になりがち。どのように乗り切っているのでしょうか。

次のページ:月末〜月初のTwitterは大荒れ!? ガマンせず思いを吐き出してストレス解消

1 2 3 4