日本人はもっと眠らナイト! パックンが教える睡眠時間確保のABC
来日20年。お笑い芸人としてだけでなく、TVのMCやナレーターなどですっかり日本のお茶の間ではおなじみの顔となったパックンことパトリック・ハーランさん。ハーバード大学卒業の高学歴を活かし、池上彰さんの推薦で東京工業大学の非常勤講師として「コミュニケーションと国際関係」について教えたり、歴代アメリカ大統領のスピーチを紹介する『大統領の演説』など著書を出版したりと、日米文化の橋渡し役としても活躍されています。そんなパックンが日常生活の中でとても大事にしているのが「睡眠」。仕事に追われ、睡眠不足に悩む日本人にパックンが送るメッセージとは一体どんな内容なのでしょうか?

少年時代は早寝早起き。夜9時にバタンと寝てしまう“シンデレラタイム”が到来!?

少年時代は早寝早起き。夜9時にバタンと寝てしまう“シンデレラタイム”が到来!?

アメリカも日本と同じく「寝る子は育つ」が常識というパックン。自身も子ども時代は早寝早起きの生活を送っていたといいます。しかも、まだ時計が読めないぐらい幼い頃から一人で超早起きをしていたというから驚き!
 
「親が起きる前から起き出して、一人でテレビを観てました。といっても、朝早すぎてまだ放送が始まってない。ずっとカラーバーを観てたんですよ」
 
その代わり、夜は眠くなったらどこでもバタンと寝てしまうタイプ。
 
「父親によく言われました、『おまえの電源スイッチは2つしかない。ハイとオフだけだな』って!常に走り回ってるか、寝てるかどっちか。実は、母親も夜9時過ぎると眠くなって電池が切れたみたいになるんですよ。“私はシンデレラなの”って言うんだけど、シンデレラなら12時まではもつはずですよね(笑)
 
さらに、10歳から高校生まで新聞配達の仕事を続けたことが、パックンの早寝早起きをますます習慣づけることに。高校生まで基本的に夜9時には寝て朝早く起きる生活を送っていたといいます。
 
「高校2、3年になると車に乗って新聞を配るようになって、多い時は440軒の家に配ってました。3時半に起きて、6時半までに配り切る。そのあと登校する7時20分まで寝る、というのが日課」
 
聞けば、高校時代はたくさんの部活を掛け持ちし、友達と夜遊びもしていたというパックン。高校生にもなれば宿題も多くなるはず。そんな多忙な生活で、さぞ寝不足だったのでは…?
 
「宿題は家に持って帰ったことなかったです。1限目の宿題は2時限目、2時限目の宿題は3時限目にやるというふうにやりくりしてました。それに、授業中は昼寝もしてましたしね。成績? 落ちませんでしたよ。教科書読めば分かりましたからね
 
さすが頭脳明晰なパックン! そんな高校生活を経て、彼は名門のハーバード大学へ進学。ところが、進学を機にこれまでの睡眠生活が一変することに…!?

次のページ:日本もアメリカも寝不足の人がいっぱい! 必要なのは“すきま産業”!?

1 2 3 4