世界的クリエイター・真鍋大度は“どこでも眠れるたくましさ”を持つ

テクノロジーとアートを融合したメディアアートの分野で、トップクリエイターとして業界を牽引するクリエイティブ集団「ライゾマティクス」の取締役・真鍋大度さん。2008年、顔に電流を流す電気刺激装置を使った実験映像を発表し、瞬く間に国内外の注目を集めた真鍋さんは、最近ではプロジェクションマッピングを使ってPerfumeのパフォーマンス演出の技術サポートを行ったり、ドローンを使って舞台芸術の新しい表現に挑戦したりするなど、多くの先進的なプロジェクトを手がけています。
そんな才気あふれるトップクリエイターの睡眠事情とはどんなものなのでしょうか? メディアアーティストとしての視点から、睡眠の未来の可能性についても語っていただきました。

世界的鬼才の繁忙期は睡眠2〜3時間。立って仕事&椅子で昼寝する生活

世界的クリエイター・真鍋大度は“どこでも眠れるたくましさ”を持つ

「プログラマーやクリエイターの仲間には夜型タイプが多い」という真鍋さん。彼自身も世界中で引っ張りだこのメディアアーティストなだけに、仕事は山積みで夜型になりがちなのだとか。普段の生活であれば5〜6時間は寝るようにしているものの、仕事が忙しくなってくると、睡眠時間を減らすしかないといいます。
 
「ここ最近は明け方4時頃まで仕事をして、睡眠時間は2〜3時間。今は仕事が面白くて仕方ないので、睡眠時間を削るしかないですね。あとは、お酒が好きなので睡眠時間を削ってでも飲みに行くことも多いかな(笑)」
 
しかし、そんな夜型の習慣も、結婚を機に少しずつ変わったそう。
 
「昔は完全夜型で朝6時に寝るような生活でしたが最近は健康にも気を配るようになって、ここ3年ぐらいで普通に夜の時間帯に寝るいわゆる朝型のスタイルにシフトしてきていますね。仕事のピーク時以外は週1回、朝8時半からダンスのレッスンを受けたりして、頑張って早起きしてます(笑)」
 
そこで「真鍋さんにとっての睡眠とは?」と聞いてみると、真鍋さん自らプログラミングの技術を駆使し、これまでのTwitterやメール、インタビューなどでの発言から、関連ワードを分析。その分析によると、「睡眠=不足しているもの」という結果が。さらにこの結果から真鍋さんご自身の眠りを振り返ってみたところ、「睡眠不足がストレスになる」とのこと。また、たびたび日中は睡魔に襲われてしまうのだそうです。
 
「どうしても眠い時には、無理せず寝るようにしています。特に昼食後は絶対に眠くなるので、食後は昼寝が欠かせません。ただし、寝るといっても15分ぐらい。横にはならず、オフィスのソファなどに座って寝ています」
 
そんな真鍋さんですが、実はオフィスでは立って仕事をしているのだとか。
 
プログラマーの世界では立って仕事する人はそんなに珍しくないんですよ。座って仕事をしていると、つい休憩するのを忘れて没頭したり、居眠りしたりしてしまいますが、立って仕事をすれば自然と疲れて座るようになる。定期的に休憩するクセがつくし、立ったままのほうが眠くなっても踏ん張れますね」

次のページ:寝室にはベッドオンリー。 仕事とプライベートは完全分離主義

1 2 3 4