著書14万部突破! 三浦将流・“5分だけ早起き”から始まる底力発揮の習慣力

「底力発揮実現コーチ」として、個人のもつ潜在能力を最大限に発揮する手助けをしている三浦将さん。発行部数15万部を突破した著書『自分を変える習慣力』(クロスメディア・パブリッシング)の中で、身につけるべき良い習慣として挙げているのが「早起き」。お話を伺ってみると、早起き習慣には、自己の潜在能力発揮・目標実現や悪い習慣を断ち切る効果があることが明らかになりました。

 

広告代理店での夜型生活から一変! 留学をきっかけに朝型生活へチェンジ!

 

広告代理店での夜型生活から一変! 留学をきっかけに朝型生活へチェンジ!

今は個人の潜在能力発揮や目標達成のサポートをするメンタルコーチや講演家、研修講師として活躍されている三浦さんですが、もともとはマーケティングやブランディングに興味があり、新卒で広告代理店に入社。その頃は、完全夜型の生活を送っていたといいます。

 

「当時はバブルの名残もあって残業時間は気にしなかったし、仕事を終えれば2時、3時まで飲み歩くこともありました。自分はもちろん、会社としても特に社員の睡眠のケアはしていませんでしたね」

 

広告代理店で一時はトップセールスとなった三浦さん。「世界で通用する人材になりたい!」という思いから外資系企業への転職に挑むも門前払いされ、経営学と社会学を学ぶためイギリスのシェフィールド大学院への留学を決意します。

 

「留学前に英語力を十分につけたつもりだったのに、いざ行ってみるとネイティブな英語が聞き取れず、授業の内容が分からない…講義を録音し、帰ってからもう一度聞き直す毎日でした。また、1単位でも落とすと修士論文を書かせてもらえないので、課題にも必死に取り組みました」

 

言葉の意味を調べながら大学院レベルの学問を学ぶというかなりの集中力を必要とされる状況に置かれて、三浦さんはいちばん集中できる時間を探し始めます。色々と試した結果、早朝が自分にとってのコアタイムと気づいたそう。

 

夜は20時くらいに就寝し、2〜3時に起きて勉強するサイクルに落ち着きました。日本との時差もあり、夜型から朝型への移行は比較的スムーズでしたね。まわりの人や世間もほぼ朝型だったからその生活にあわせたということもあります。毎日6〜7時間は睡眠時間を確保していました」

 

クラスメイトとのディスカッションや地元の酒場での日常会話を通じ、英語でのコミュニケーションを学んだ三浦さんは、卒業後日本へ帰国し、外資系企業で再びマーケターとして働くことになりました。

次のページ:チームが崩壊しかけて悩み、挫折している中で、天職と出会う

1 2 3 4