__0__nemu_0008_560

最新シングル「あした地球がこなごなになっても」がオリコンシングルチャート2位を記録するなど、いま勢いにのっているアイドルグループ「でんぱ組.inc」。夢眠ねむさんは、そんな多忙を極めるグループの中心メンバーです。彼女は、漫画や秋葉原の文化が大好き。好きなものへの思いがひと一倍強く、その名前から察するとおり、睡眠に関しても強いこだわりがあるようです。

個性派アイドルは、眠り方まで不思議?

 

__1__nemu_0022_560

名前が印象的な夢眠ねむさん。その由来を訪ねてみると、「本名ですけどね(笑)」と、にこやかに話し始めてくれました。

 

とにかく“む”がつく名前にしたくて、最初『ねむ』という名前にしました。その後、メイド喫茶で働いていた時期に、あるメイドさんから『ねむの苗字は、夢眠で“ゆめみ”がいいよ~』とアドバイスされたんです。『なに、その独特のセンス!?』と衝撃を受け、今の名前にしました」

 

この名前のおかげで、助かっていることもあるとか。

 

「朝早い仕事のとき、私が眠そうにしていてもスタッフさんが許してくれるんです。『“夢眠ねむ”だからしょうがないよね』って。みんなも夢眠姓に改名したら、もっと気楽に生きられるかも。一報いただければ、襲名を許可しますよ(笑)」

 

ねむさんが所属するでんぱ組.incは、メンバーのほとんどが“元引きこもりのオタク”という、あまたのアイドルグループの中でも異彩を放つ存在。そんな彼女たちが人気を獲得できた秘密はどこにあるのでしょうか。

 

「誰しも、本当は言いたいけど恥ずかしくてなかなか話せない過去ってありますよね。私たちは『W.W.D』(2013年1月発売)という曲の歌詞で、引きこもりだった当時の辛かった気持ちをさらけ出したんです。最初は受け入れてもらえないんじゃないかと不安でした。でも結果として、ステージに立つ側の人間も同じなんだ、と親近感を抱いてもらえた気がします。『今は辛くても、がんばれば輝けるかもしれない』って」

 

そんな個性的なグループには、ひと癖ある眠り方のメンバーもいるとか。

 

「リーダーの相沢梨紗ちゃんの寝姿は、すっごい不思議なんです! ポーズがセクシーで、ギリシャ彫刻のような芸術作品を見ているみたいですよ(笑)」

nemu_0063_560_2

(写真:梨紗さんの芸術的な寝方を真似する夢眠さん)