究極にムダを削る”カリカリにチューニングした“暮らし

horie_02

睡眠時間を削れば、ボーッとする時間が増えるだけ。それはわかっていても、忙しくて十分に睡眠がとれていない人は多いはず。堀江さんは、多忙な生活の中でどのように睡眠時間を捻出しているのでしょう。

 

「やりたいことが増えれば、当然、時間が足りなくなります。なので以前は、通勤時間を省くために会社に寝泊まりすることもありましたね。あまりに忙しく、24時間ずっと会社で生活を送っていた時期もありました」

 

通勤時間以外にも削れるところは削って、密度の高い活動時間と十分な睡眠時間に充てていくのが堀江さん流。

 

「今はもう、カリカリにチューニングした暮らしをしてます。掃除や洗濯といった家事はしませんし、ご飯も自分では作りません。会社にすら行かないですしね。インタビュー取材も基本はビデオ通話で受けていて、ネットを利用して、行かなくて済むところには極力行かないようにしています。買い物もほとんどネットで済ませています。特に服は、最近は全部ZOZOTOWNで買っていますね。オシャレな友だちにピックアップしてもらって、その中から気に入ったアイテムをパパッと買う」

 

常に意識しているのは、『自分がやる必要のないことは他人にやってもらう』ということだそう。堀江さんじゃなければできないことにのみ注力しているのです。

 

「例えば3、4人のミーティングをブッキングしようとすると、時間調整だけで30分くらいは平気でかかってしまいますよね。その時間がもったいなくて、スケジュール管理はアシスタントに頼んで、もう、自分ではやらなくなりました。『ここを削れるんじゃないか』と思いついたら、すぐに実行。こうやって自分の生活に疑いの目を持ち続けた結果、かなり余計なことをしなくて済むようになりましたね」

 

余計なことをしなくなった分、その時間はやりたいことに注がれます。

 

「僕は、これまで、ただやりたいことをやってきただけなんです。それは、これからも変わりません。そして、やりたいこと、こうなるといいなと思うことは、常にどんどん増えていきます。僕の場合、やりたいことに優先順位を付けることに意味を感じていないので、基本的にはやりたいことは全部やるというスタンスです」

 

堀江さんの情報を掲載するオウンドメディア「HORIEMON.COM」を一見するだけでも、堀江さんのやりたいことの多さ、興味の幅の広さが伝わってきます。ニュースキュレーション、会員制オンラインサロン、メルマガ、YouTubeチャンネル……。これだけのことをこなすには、確かに、余計なことを徹底して排除していくしかないのでしょう。

次のページ:「『プレッシャーで寝られない』が、僕には理解できない」

1 2 3 4