tomono_01

睡眠コンサルタント兼インナービューティーアドバイザーという肩書きで活躍されている友野なおさん。いわば眠りのプロフェッショナルである彼女ですが、元ミス日本や東京ディズニーリゾート・アンバサダー(親善大使)も務められたその美貌も、やっぱり正しい睡眠習慣のタマモノなの……?

ところが、そんな友野さんも実は「かつての睡眠はめちゃくちゃ」だったとか。そこから“睡眠のプロ”となるまでの試行錯誤の道のりと、行きついた究極の睡眠生活をうかがいました。

かつて忙しさから10kg増量! その原因が、実は……

tomono_02

現れた瞬間、周囲がパッと明るくなる華やかな美貌の友野さん。しかし、開口一番、「実は私、数年前は今よりも10kg太っていたんです」と衝撃の告白が!

 

「ミス日本や東京ディズニーリゾート・アンバサダーなど、“人から見られる立場”を終えた後、不規則な生活を続けていたらストレスが溜まって過食が止まらなくなってしまったんですね。まず菓子パンとピザまんが止まらなくなって、周囲から『ピザまんになっちゃうよ!』と注意されたほど。ひどいときはチーズケーキをホールで食べた後、ラーメン2杯を食べているなんてこともありました。病的ですよね。その結果、太ったのはもちろん、顔がたるみ、思いっきり老けこんでしまったんです」

 

さらに、ストレスからの悪影響は見た目だけにとどまらなかったそうです。

 

「また、風邪を引きやすくなり、1か月のうち半分以上は風邪で不調が続いているという状況でした。さらにアトピーがひどくなって困りましたね。精神的にも落ち込んでしまって、その影響からか過呼吸に。アトピーでお化粧もできないし、外へ出るのが怖くなって、引きこもり状態になってしまっていたんです」

 

焦りのあまり、ジムやエステ通い、通院、食事制限、ランニングなど、考えつくあらゆる健康法を試したのに、すべて効果がなく、自己嫌悪で余計に落ち込む日々……。
エステも病院も救えなかった当時の友野さんの救世主となったのが、なんと「睡眠」でした。

 

「もう私なんてダメだし、やりたいこともできないし……とすべて投げやりになっていたとき、母から『一度ちょっとリラックスして、ゆっくり寝なさい』と言われたんですね。その言葉で気持ちが少し楽になって、本当に久しぶりにぐっすり眠ったんです。そこからきちんと眠る生活をしばらく続けてみたところ体調面、精神面がみるみる回復して。考えてみたら、当時は忙しさから2日で合計2時間ほどしか眠れないような日々もあったほどでした。逆にたまのお休みの日は延々寝てしまって1日をつぶしてしまうような生活。そんなめちゃくちゃな生活を続けていて、病院やエステに通っても効果が出るわけがないんですよね」