知っておきたい「体温調節と睡眠」のまとめ

睡眠と体温調節はとても深い関係があります。人は、体温が下がることによって眠気を感じ、スムーズに寝つくことができます。寝る前の入浴は、一度深部体温(身体の内部の温度)を上げることによって、その後体温を下げやすくするため、睡眠前の体温調節にとても有効な手段です。冷え性などの場合は体温調節がうまくできず、睡眠の妨げになることもあります。睡眠に悩みを持つ方は、普段から体温調節も工夫してみましょう。