知っておきたい「金縛りと睡眠」のまとめ

寝入りばなや眠りから目覚めるときに、身体が動かせない状態になることを金縛り(反復孤発性睡眠麻痺)と呼びます。金縛りの最中は、身体を思うように動かせなくても、意識は保たれています。金縛りは、麻痺に加え、聴覚・視覚・触覚などの幻覚症状が出ることも報告されており、部屋に何かの存在を感じることもあるようです。