知っておきたい「睡眠時無呼吸症(SAS)と睡眠」のまとめ

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っているときに呼吸が停止したり、喉の空気の流れが弱くなったりする病気です。現在日本では約20万人の方が治療を行っていますが、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や脳梗塞などさまざまな合併症を引き起こす恐れがあることが知られています。

睡眠時無呼吸症(SAS)