知っておきたい「むずむず脚症候群と睡眠」のまとめ

むずむず脚症候群は足の裏やふくらはぎ、太ももなどに不快感が起こり、じっとしていられなくなる病気。レストレスレッグス症候群とも呼ばれています。症状はさまざまですが、「脚を虫が這うような痛み」「ほてるような痛み」などの不快感を訴える人が多いのが特徴。また、むずむず脚症候群は、著しい不眠をもたらす原因にもなります。むずむず脚症候群の原因や対策について、チェックしてみましょう。