知っておきたい「ロングスリーパーと睡眠」のまとめ

睡眠時間をたっぷりとらないと寝た気がしないのが「ロングスリーパー」と呼ばれる人です。一日あたり9時間以上の睡眠時間を必要とすると言われています。ロングスリーパーかどうかは遺伝的な要因によって決まるものと言われています。しかし、ロングスリーパー体質ではなく、睡眠障害によって睡眠を多く必要としている場合もあります。睡眠障害が潜んでいる場合には、原因を知り、積極的に改善していく必要があります。