知っておきたい「目の疲れと睡眠」のまとめ

目の疲れは脳の疲れと直結しています。脳が緊張状態にあると、いざ寝ようと思ってもなかなか眠れないものです。つまり、目の疲れを放置しておくと睡眠の質の低下につながってしまうのです。目を温めたり目の周りの筋肉をほぐしたりすることで、目の疲れを解消すると同時に副交感神経のスイッチが入り、スムーズに寝つきやすくなります。