知っておきたい「カフェインと睡眠」のまとめ

コーヒーなどに含まれるカフェインは、眠気覚ましによく使われるように、覚醒を促す効果があります。しかしカフェインを摂る時間や量によっては、夜間の睡眠を妨げてしまうこともあるので、摂り方には注意が必要です。なお、20分程度の仮眠をとる前にカフェインを摂れば、すっきりと目覚めることができます。カフェインと睡眠の関係について、フミナーズで詳しくチェックしてみましょう。