知っておきたい「お酒と睡眠」のまとめ

お酒は、寝つきを良くしてくれるようにも思えますが、お酒に含まれるアルコールは、「アセトアルデヒド」という物質に変化して体温と心拍数を上げるため、結果として睡眠の質を下げることに。「眠れないからお酒を飲む」という習慣を始めてしまうと、次第にお酒の量が多くなってしまう傾向もあります。お酒と睡眠の関係について、フミナーズで詳しくチェックしてみましょう。