知っておきたい「腹式呼吸と睡眠」のまとめ

腹式呼吸は、副交感神経を優位にするため、身体を緊張状態から解き放ち、リラックスさせる事ができます。また腹式呼吸をすることで、お腹まわりの血流がよくなり、体内温度の調節機能が高まります。腹式呼吸によって身体が温まった後、スムーズに体温が下げることができ、心地よく入眠することができるのです。