睡眠のイロハ 7つのフミナータイププロに聞く、眠りのギモン。

あなたの眠りはどのタイプ?

  • 省エネしすぎで眠りベタ

    よい眠りには1日のメリハリが不可欠。寝る直前に対策するのでは手遅れです。日中から有効な対策をとりましょう。

    改善方法をみる
  • 寝る直前までギラギラで眠りベタ

    覚醒から睡眠へと急に切り替えることはできません。寝る前に脳が興奮しないようにしましょう。

    改善方法をみる
  • ストレスがたまって眠りベタ

    ストレスは眠りの大敵。特に、寝床に入ってからの考えごとは禁物です。

    改善方法をみる
  • 眠れてるつもりでひそかに眠りベタ

    よい眠りがとれているつもりでも、実はあなたの眠りには改善の余地があるかも。よりよい眠りが得られれば、眠っていた才能が開花する可能性も!?

    改善方法をみる
  • 寝だめしようとして眠りベタ

    眠りは長ければよいというものではありません。残念ながら、寝だめでは睡眠不足は乗り切れません。かえって身体のリズムを崩してしまうので要注意。

    改善方法をみる
  • 睡眠時間の確保ベタ

    寝る暇がおしく感じられるあなた。寝不足ではパフォーマンスは間違いなく落ちてしまいます。重大なミスをしてしまう前に、睡眠時間を確保する工夫を。

    改善方法をみる
  • 生活の乱れで眠りベタ

    なんとなく不規則な生活になっているあなたは、規則的な生活を心がけるだけで調子がよくなることも。

    改善方法をみる
  • 眠りベタ予備軍

    現代社会では、何かと眠りベタになりがちですが、このチェックリストでは特定できる問題はみあたりませんでした。生活や年齢の変化とともに眠りも変わります。油断せずによい眠りを維持できるよう、ひきつづき心がけましょう。

    改善方法をみる