睡眠のイロハ 7つのフミナータイププロに聞く、眠りのギモン。

あなたの眠りはどのタイプ?

  • 省エネしすぎで眠りベタ

    よい眠りには1日のメリハリが大切。日中は身体を動かしたり、太陽の光を浴びるなど明るい環境で過ごしましょう。

    改善方法をみる
  • 寝る直前までギラギラで眠りベタ

    頭が冴えて眠れないときは、暖色系の明かりや心地よいアロマオイルを利用するなど、寝る前30分間はリラックスタイムをつくりましょう。

    改善方法をみる
  • ストレスがたまって眠りベタ

    心身の緊張をゆるめるために、ぬるめのお風呂に浸かって身体を温めましょう。入浴後に腹式呼吸やヨガをするとさらに効果的です。

    改善方法をみる
  • 眠れてるつもりでひそかに眠りベタ

    いつでもどこでも眠れるのは、睡眠不足のサイン。日中に眠気を感じるようなら、お昼前後に数分間目を閉じるなど短時間の仮眠をとりましょう。

    改善方法をみる
  • 寝だめしようとして眠りベタ

    寝だめはNG。体のリズムを崩さないように、就床・起床時刻の変動は、それぞれ1時間以内を心掛けましょう。

    改善方法をみる
  • 睡眠時間の確保ベタ

    寝不足だと自分では気づかなくても仕事の効率が落ちてしまいます。戦略的に睡眠時間を確保して、日中のパフォーマンスアップにつなげましょう。

    改善方法をみる
  • 生活の乱れで眠りベタ

    不規則な生活は睡眠の質を悪化させます。食事を毎日決まった時間にとるだけでも体のリズムを整える助けになります。

    改善方法をみる
  • 眠りベタ予備軍

    年齢とともに睡眠時間は減り、眠りの質は低下しやすくなります。寝具を見直したりリラックスアイテムを活用するなどして、自分に合った眠りを楽しめるようになりましょう。

    改善方法をみる