3年ほど特に何もないのに時々布団に入ってから2.3時間眠れないことがあります。普段の体調やストレスで不眠が起きる頻度は変わるのは分かるのでなるべく生活に気をつけていますが、調子が悪く休養が必要な時ほど眠れません。たまには仕方ないと諦めていますが、次の日に支障が出るのでなんとかしたいです。普段は11時過ぎに就寝(を試みる)、7時過ぎに起きる生活です。現在はストレスレベルも決して強くありません。根本的な眠れなくなる原因と眠れない日のとりあえずの対策、どちらも本やネットで見るものは試しましたが、あまりハッキリとした効果はありません。食事にもある程度気を使い、煙草もアルコールもほぼ縁がありません。日常的に運動もしています。生活自体はとてもゆったりさているので、1番のストレスは眠れないことです。最近今まで一緒に寝ていたパートナーと時間が合わなくなり、別室で寝るようになってから明らかに不眠の頻度があがり生活に支障が出ています。何から改善したらいいのでしょうか?また、昔から夢を見続けることが多く、寝ていても寝た気がしません。夢を見ずにぐっすり眠りたいです。
21歳女性

睡眠改善インストラクターより

2017.8.3

はなさん、色々と努力されている様子が伝わってきました。
眠れないとストレスに感じますよね。

ただ、寝れない時間を考慮して早く寝床についてしまうと、「寝なきゃ」という気持ちが焦りとなり、寝つきの時間が長くなる原因になってしまいます。

就寝1時間前までの入浴とスマホ利用の禁止を徹底し、眠気が来てからお布団に入るようにすることをおすすめします。

睡眠が不足すると、翌日に辛く感じると思いますが、正しいお昼寝で上手に疲れをとりながら、睡眠欲求を高めれば、夜の寝つきに良い変化がでてくると思います。

また、ベッドパートナーと別室に寝るようになってから不眠の頻度があがったということなので、意識的に安心してくつろげる環境に整えてあげると良いかもしれません。

例えば、抱き枕を抱きしめると安心感が生まれるといわれています。

他にも、肌触りの良い寝具やパジャマぶなど、自分が心地よいと思ったものを選ぶことが快眠のコツです。

夢は、誰もが毎日みるものなので、夢を見ることで何度も目覚めてしまうようなことがなければ問題ないと思います。

しかし、寝た気がしないのは睡眠の質が下がっている可能性もありますね。

可能であれば、夕方17時ごろに軽い運動を行ってみてはいかがでしょうか。

日常的に運動習慣がある人は、ない人に比べより深い睡眠を得ることができます

できそうなことから、まずは気軽に試してみてください。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 菅原奈緒子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。