35歳、女性です。もともと夜型で早く寝ると寝れなくなる気がして深夜0じ30〜01じの間に寝てどんな時でも気にせず寝れていました。しかし、不育症な為、2月に甲状腺の検査をした所、抗サイログロブリンが高く橋本病と言われ3cmのしこりが見つかりました。血液&細胞診の結果がでるまでは心配でしかたありませんでした。結果はいまの所異常はありませんでしたが、不育症のことで悩んだり、隣の住民の騒音にイライラしたりとストレスは溜まっていたのかもしれませんが、3月9日に今までになったことがない息苦しさ、動悸から半夏厚朴湯や加味逍遥散などの漢方を飲んでいましたが、治まらず息苦しさから空咳にかわり耳鼻科にいくともともと花粉症もありIGEの数値は高く多少鼻炎があると抗生剤、抗アレルギー薬、たん除去剤、咳止め、吸入をもらってますが改善されません。総合病院でレントゲンや心電図、血液検査をするも異常なしでした。呼吸器内科唯一NOブレスが14と軽い咳喘息と言われ、抗アレルギー剤と鼻炎剤、吸入をしてますが改善しないことへのイライラと不安・心配で寝つきが5月下旬から悪くなり、布団に入ってから中々ねれなくなってしまい、妊活中ですが基礎体温もバラバラになってしまってます。この場合、心療内科にいった方が良いでしょうか?しかし、薬はなるべく使わず自然に良くなってほしいと思う毎日です。自律神経を整えば自然に戻るでしょうか?

睡眠改善インストラクターより

2017.6.22

リラさん、検査や体調不良でさぞ不安も大きいことでしょう。
この「睡眠なんでも相談」のコーナーでは、医療上のアドバイスをすることはできません。
現在も治療を受けているようであれば、一度主治医の先生にご相談されることをおすすめします。

もし、お近くに睡眠の専門医がいらっしゃるようであれば、そちらに相談するのも良いと思います。
日本睡眠学会のサイトに、睡眠学会認定機関、認定医師等のリストが紹介されていますので、受診先の参考になさってみてください。

リラさんがおっしゃる通り、自律神経を上手にコントロールできるようになれば、イライラや不安を和らげてリラックスしやすくなるかと思います。

安心して眠るためには、リラックスすることはとても大切です。

体がほぐれてホッとできるようなリラックス法を入眠儀式として取り入れてみてはいかがでしょうか?

簡単に行えるリラックス法としては、呼吸法入浴などがあります。
息を長く吐く深呼吸は、寝る前だけでなく、緊張したりイライラしたときに行っても効果的に気持ちを落ち着けることができます。
リラックスできて、毎日続けられるようなマイルールを探してみてください。

眠れない状態では免疫力も落ちてしまい、治療も進みにくいかと思います。
焦らずにまずはご自身の身体を一番に、大切になさってくださいね。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 菅原奈緒子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。