40代、男性です。普段は睡眠時間6,7時間くらいです。慢性的な不眠症ではなくて、突発的に短期に不眠症になります。多いときで、月に4.5回、少ない時で、月に一回ほど、朝まで一睡も出来ません。

夜中の2時頃になると、あー今日は寝れないなあ、とわかるのですが、いったん覚醒スイッチが入ってしまうと、朝まで寝れないです。
覚醒スイッチが切れるまで、眠れない日の次の日も、入民状態が非常に悪いです。

一日くらいなら一睡も出来なくても、ドリンク剤などを飲んで、乗り切れるのですが、2日一睡もしないと、頭が痛くなり、危険な気がします。

2年くらい前からだと思いますが、最近、頻度が多くなってきているので、
何とかしなければ、と思い投稿させていただきました。

短期の不眠を乗り越えると、また眠れるようになります。

元々、建築の仕事をしていて、
今は仕事に就いていないのですが、
パソコンをいじっている時間が長いです。
勉強をしたり、本を読んだりする期間が多く、
日中あまり外に出ないことも多いです。
運動不足だとも思います。
性格はこだわりが強くて神経質です。
これを気に、生活習慣も見直そうと思います。

薬に頼り、慢性化するのが怖いですし、かといって、
寝れない日が続くと危険ですので、
どうしたものかと、悩んでしまっています。

短期突発不眠症に効果があるような解決策、何かご存知ないでしょうか・・・?

ありがとうございます。

睡眠改善インストラクターより

2017.4.28

茶猫さんは、朝まで一睡もできないことがあるのですね。
2日も寝れない日が続くとフラフラになり、判断能力なども落ちるため、危ないことも出てきます。

原因が分かれば改善も早いかと思いますので、生活習慣を見直しながら、ご自分の生活や睡眠を記録してみてはいかがでしょうか。

起きる時間が揃えられるだけでも、身体のリズムは今よりも少しずつ整ってきます。

質の良い眠りのためには、環境的にも眠れる環境・習慣を整えておくことが大切です。

茶猫さんが気にされている長時間のパソコン作業も夜にまで及ぶようならブルーライトにより眠りの質が下がります

他にも眠れない原因と対策を参考にしながら眠りを妨げる原因がないか、チェックしてみましょう。
眠れる生活習慣をガイドしてくれるというアプリも出ています。

また、寝れない夜の過ごし方も重要です。
眠る時間にこだわり過ぎるよりも、眠くなってから寝床に入ることで、その後のスムーズな入眠、質の良い睡眠につながります。

パジャマを着替えるだけでも気分が変わって眠りやすくなることもあるので、眠れないときにおすすめの6つの方法から茶猫さんの生活に取り入れやすいもの試してみてください。

焦らずに、茶猫さんのペースでいい眠りを作っていきましょう。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 菅原奈緒子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。