50代 女性です。眠ろうと布団に入るのですが、どうしても体がこわばってしまい、眠ることができない日々がよくあります。お灸なども試しているのですが、どうしてもうまくいかず、眠れずに夜が明けてしまうこともよくあります。平均睡眠時間は5,6時間です。どうすれば心地よく眠れるでしょうか。また 私は音にとても敏感で、無音でないと眠れません。なにとぞアドバイスをお願いいたします。

睡眠改善インストラクターより

2017.4.26

みんみんさん、眠りたいのに寝れない日が続くと辛いですよね。

体のこわばりを和らげるには、「筋弛緩法」がおすすめです。
寝る前だけではなく、日中にも行うことで身体の力を抜く感覚が持てるようになってくるはずです。

もしかすると、寝れないことがストレスになり、知らず知らずのうちに力んでしまうのかもしれませんね。
眠ることにこだわりすぎると、脳が興奮し、ますます眠れなくなってしまい、負のスパイラルに陥りやすくなります。
平均の睡眠時間は5,6時間程度とれているご様子なので、「多少眠れなくても大丈夫!」「眠くなるまで眠らなくてもいいや」くらいの気持ちになれると良いかと思います。

さらに、眠れない日が続くと、寝床が安眠の場所ではなく、眠れない場所であると脳が勝手に認識してしまいがちです。
この認識を正していくには、「眠れた!」という成功体験を積み重ねていくことが有効な方法です。

次の方法をお試しください。

・寝れない時間を寝床で過ごさない
朝まで眠れない日は、次の日の夜まで寝ないと決めて眠るための力を蓄えてみましょう。
必要になったら人間は、最低限の睡眠は必ずとるようにできています。そのため、丸1日眠らなければ翌日の夜はすんなり眠りやすくなります。
気持ちよく眠れる日が月に1回2回と増えてくると、リズムを取り戻しやすくなります。

・安心して眠れる場所を探す
快眠にとって悪い習慣を無くしていくことも大切ですが、これをすれば、あるいはこれがあれば眠れるというものが一つでも見つかれば心も軽くなるかと思います。

最近は、寝つきをサポートしてくれるツールも出ています。
みんみんさんにあったツールやアイテムを探してみるのも良いでしょう。

色々試してみても症状が改善しない場合には、専門医に相談することをおすすめします。
不眠症は、専門医による治療で改善します。睡眠専門医については、睡眠学会からリストが出されているので、参考にしてみてくださいね。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 菅原奈緒子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。