24歳男です。
私は眠る際、左右どちらかを下にして寝るのですが、下にした方の鼻が詰まります。
反対を下にすれば、
詰まっていた方の鼻の詰まりは解消されるのですが、今度は反対側が詰まるので、何度も何度も寝返りをうち、なかなか眠れません。
また、体勢的には気持ちの良い体勢でも、鼻の詰まり具合で体を動かすので、なかなかよい姿勢に持っていけません。
耳鼻科へ相談するのがよいのでしょうか?

睡眠改善インストラクターより

2017.4.24

高田さん、体の不調によりなかなか寝つけないのは困りますよね。

睡眠中というよりは、寝姿勢と鼻の詰まりが関連しているご様子なので、根本から治療できるように耳鼻科へ相談されると良いかと思います。

昼寝の時は症状が出ず、夜の就寝前のみの症状である場合には、睡眠の専門医のいるクリニックを選ぶとより安心かと思います。

日本睡眠学会睡眠医療認定医リストで専門医のいらっしゃる病院が確認できますので参考になさってください。

また、ご自身でできそうな工夫もいくつかご紹介しておきます。
できそうなものがあればお試しください。

・枕の高さを少し高くする
鼻がつまって寝苦しいという時は、枕を少し高くするのがおすすめです。
頭の位置が低いと、鼻水がのどの奥のほうに逆流し、呼吸を妨げてしまうことがあります。枕を高くすることで、鼻の奥にある副鼻腔の圧迫感が和らぎ、楽に鼻呼吸できるようになります。
タオルを枕の下に入れて高さを調節してみると良いでしょう。

・お風呂に入る
お風呂に入ることでリラックス効果はもちろん、入浴後に緩やかに体温が下がることでスムーズな入眠が可能になります。
また、お風呂の湯気が鼻や胸のつまりを和らげてくれるので、身体も楽になります。就寝1時間前にはあがるように入浴してください。

・鼻を温める
鼻づまりがひどくて眠れないときには、鼻を温めてみてください。
鼻を温めると、中の粘膜の血流がよくなり、鼻の通りがよくなると言われています。
簡単なのは、温めたタオルを鼻にあてたり、お風呂の中で温かい蒸気をたっぷり吸い込んだり…という方法です。特別な準備も必要ないので、眠る前に試してみてはいかがでしょうか。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 菅原奈緒子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。