2月25日生まれで、今年小学1年生になったばかりの6歳の息子です。
保育園の頃からお昼寝もぐっすり寝ており、1月頃からお昼寝がなくなっても机で寝てしまったりしていました。
いま入学から20日経ちましたが、学校後の学童でもやはり13時から15時の間に眠くなって2.30分ほど寝ています。
夜の睡眠は21時前に寝て7時にやっと起こしています。

学校生活でも、午前中に眠くなって顔を洗ったりしているようです。
今日は遠足があり、14時前に学校へ帰ってる途中で眠くなってしまい、抱っこして帰ってきて
14時からは保健室のベッドでぐっすり寝ていました。15時すぎに起こしてやっと起きてくれました。

先生にも病院へ行った方がいいかもしれないと言われているのですが
一度受診した方がいいのでしょうか?
特に発達には問題なく健康的に育っていると思います。

長くなりすみません、よろしくお願いします。

睡眠改善インストラクターより

2017.4.24

りゅうとままさん、息子さんのご様子拝見しました。
このままでは今後の学校生活も心配ですよね。

疲れやすく眠りすぎなのではないかと思われるかもしれませんが、睡眠は個人差があるものです。
また、年齢によって必要な睡眠時間が異なります。

息子さんの場合には少し長めの睡眠が必要なのかもしれないですね。

そもそも、小学生に必要な睡眠時間は10〜11時間とされています。

夜は21時前に寝て7時にやっと起こしているようであれば、少しずつ眠る時間を早めてみてはいかがでしょうか。

いきなり1時間早めても眠りにくいかと思うので1週間に15分ずつ早めていくペースがおすすめです。

午前中の眠気は睡眠が不足しているサインであることが多いため、まずは十分な量を確保してあげられると良いかと思います。

さらに眠りの質をあげるための方法もご紹介しておきます。
出来そうなものから取り入れてみてください。

・お昼寝は午後3時までに。
・チョコレートなど、カフェインを含むものは午後3時以降にとらないように。
・夕食は眠る3時間前までに済ませる。むずかしいときは、消化の良いものを、遅くても就寝1時間前に。
・眠る1時間前までに入浴を済ませる。
・寝る直前にPCやスマホの光を見ない。
・パジャマに着替えてから眠る。
・骨格に合った寝具を選ぶ。
・寝室を清潔に保つ。
・朝ごはんはよく噛んで毎日食べる。
・お休みの日も起床時刻は一定に。

睡眠時間を長くしたり、生活習慣を見直しても改善しない場合やイビキなど気になる症状が見られた場合は、医師に相談するのも一つの手です。専門医もしくはお近くの病院で相談してみてください。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 菅原奈緒子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。