40代で、眠れません。眠りが、浅いです。ノンレムなのか、レムなのか、どっちにしても、中途覚醒してしまう。

睡眠改善インストラクターより

2017.4.24

中途覚醒が起こる大きな原因の1つは、自律神経の乱れ、つまりストレスと言われています。

無意識のうちに、「今日もまた夜中に目覚めてしまうかも」と心配してしまっているのかもしれませんね。

眠る前に15分程度だけでもほっとしたりリラックスできる時間を意識的に作ってみましょう。

また、短い時間でグッと眠る方法を身につけることで眠りも深まります。
そのための方法をご紹介いたします。

2週間ほど続けていただくことで徐々に効果が感じられるかと思いますのでぜひ続けてみてください。

・ぬるめの湯船で体を温める
入眠後すぐの約3時間前後が最も深い睡眠を得られるため、寝始めが肝心です。就寝1,2時間前に体温を0.5〜1度程上げることを意識しましょう。

・3度の食事を規則的に
夕食だけでなく、1日の食事の時間をなるべく毎日同じにし、寝る時間もきちんと決めることで生活全体のリズムが整っていきます。

・適度な運動習慣を
適度な運動は、新陳代謝を高め血行を良くしたり自律神経を整える効果もあります。
また、身体には程よい疲労感が大切です。ウォーキングやサイクリングなど毎日30分程度、手軽に続けやすいものがおすすめです。

・カフェインやお酒はNG
コーヒーに含まれるカフェインや、ビールやお酒に含まれるアルコールは睡眠の大敵です。寝る前には控えましょう。

<中途覚醒時の過ごし方>
フリーコアさんは夜中に目が覚めてしまった際は、どのようにお過ごしでしょうか?

眠れないのに布団にいるようであれば、布団から出てしまうことをお勧めします。予め、眠れない時にやることを1,2つ決めておくと良いでしょう。

思い切って起きてしまうことで、その日は睡眠不足により昼間に眠気も感じるかもしれませんが、夜まで我慢すれば、眠る力はいつもより高まります。

夜中の目覚めの際には時計を見ないようにすることもポイントです。
時間を認識することで身体が勝手にこの時間に起きるのだと誤認してしまい習慣的に目覚めるクセがついてしまいます。

<それでも改善しない場合には>
色々試してみても症状が改善せず、夜中に目が覚めるだけではなく、眠ったはずなのに昼間急激に眠くなることがある場合には、睡眠時無呼吸症候群などの病が潜んでいる可能性も考えられます。

いびきをかいていないか、昼間眠気がないかを振り返り、心配があれば一度専門医の診察を受けてみることをおすすめします。

寝ている間のことは自分ではわからないからこそ、おかしいなと思ったら一度受診されると安心です。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 菅原奈緒子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。