はじめまして。

25歳の男です。

ここ1ヶ月ほど前から、寝付くのに時間がかかってしまい、睡眠不足の日々です。。。
昨夜も夜21時には眠たくなり、布団に入ったのですが布団に入ると意識が冴え、何度も寝返りをしているうちに3時間経過していました笑
その後も眠いのに全く眠れず、朝5時過ぎにやっと少し寝れたのですが、8時頃に目が覚めてしまい、ふらふらしながら起きる・・・といった日々を過ごしています。

おかげで毎日睡眠時間は4時間とれてるかどうか・・・って所です。

逆に彼女は布団に入ると10秒かからずに寝ることが出来る体質なので羨ましい限りです^^;

何か寝るコツってあるのでしょうか??

数字を頭の中で数えながらの深呼吸や、睡眠導入音楽、寝る前に白湯など、ネットに書いてある事は大体やったつもりです。。。

すみませんがよろしくお願い致します。

睡眠改善インストラクターより

2017.1.26

ディジュリドゥさん、いろいろご自身で試されたのに、寝つくまでに3時間もかかってしまうと、眠るためにかえってパワーを使って疲れてしまいますね。
ここ最近、何か生活で変化したことはありませんか?仕事や生活リズム、環境変化が眠りの不調のきっかけになることもあります。
もし変化に心当たりがあり、それが元の状態に戻せるなら、それが解決の近道かもしれませんが、そうもいかない場合は、今の環境でうまく眠れる方法を探していきましょう。
試して頂きたいことをいくつかご提案します。

▼起床時刻を揃えて、朝太陽の光を浴びる
起床時刻をなるべく揃えることが、結果的に寝つきやすい状態を作ります。加えて、朝起きたら太陽の光を浴びることも重要です。光を浴びると体内時計がリセットされ、光を浴びてから14〜16時間後に自然と眠くなるリズムが整ってきます。
交代勤務などで起床時刻を揃えにくい場合には、こちらを参考にしてみて下さい。

▼眠れないときはベッドから出る
眠れないままずっとベッドにいると、つらくなってきてしまいますね。意識が冴えて眠れないと思った時は、ベッドから一旦出てみましょう。何度も時計を確認するのも逆効果になります。
ベッドから出たら、スマホやTVなど刺激になることは避けてゆったり過ごし、眠くなったらベッドに戻りましょう。

▼パートナーと一緒に眠っているならお互いにいい環境を
ディジュリドゥさんがもしパートナーと一緒に眠っているなら、お互いが快眠できる環境を見つけることも1案です。大切なパートナーも、ディジュリドゥさんも、ストレスなくリフレッシュできる環境がベストです。

すでに試されたことかもしれませんが、他に眠れない原因があるか探るのも1つの手です。

また、1ヶ月も眠れない状態が続いているとすると、ディジュリドゥさんの心身への負担が心配です。お若いと気力で乗り切れてしまうかもしれませんが、不眠症に発展してしまうと正常な状態に戻すのにも時間がかかってしまいます。
一度睡眠専門医に相談することもぜひご検討ください。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 和田和子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。