睡眠のメカニズムのことで、質問をさせてください。

私は27歳男性ですが、「寝付けない」という悩みと「寝ても疲れがとれない」という悩みを抱えています。
自分なりに色々なサイトを調べてみたのですが、色々な記載があり、睡眠のメカニズムがよく分からなくなってしまいました。

もちろん現在も解明されていないことがたくさんある分野だとは思いますが、睡眠について出来るだけ正しく理解をしたいので、以下の点について教えていただけないでしょうか。

①「スムーズに寝付けると、ノンレム睡眠もより深くなり、疲労回復効果が高くなる」というのは本当ですか?寝付きが早いことと寝て疲労回復できることがどういう繋がりがあるのかについて教えてください。

②加齢により睡眠ホルモンが減少したり、ノンレム睡眠時間が減少すると聞いたことがあるのですが、どうして歳をとると、睡眠ホルモンが減少したりノンレム睡眠時間が短くなるのでしょうか。いま分かっていることがあれば、知りたいです。


上記の件、よろしくお願いいたします。

睡眠改善インストラクターより

2017.1.27

すみさん、寝つきが悪いことと眠っても疲れがとれないこと、また加齢との関係には以下のようなメカニズムがあります。ご質問①②にそれぞれ回答いたします。

①いざ眠ろうとするときに、副交感神経が優位になっているとスムーズに寝つけ、その後深い眠りが得やすくなります。一晩の眠りの中で一番深い眠りが得られるのが、眠り始めて3時間の間。そして、この深い眠りのときに「成長ホルモン」が分泌されます。成長ホルモンは子供の成育に不可欠なものですが、大人の身体でも分泌され、疲労回復や細胞修復の役割を果たします。

一方、交感神経が優位になっていると寝つきが悪く、寝つけたとしても深い眠りが得にくくなります。浅い眠りのままでは成長ホルモンが十分に分泌されず、疲れが残ってしまうことになります。
すみさんの寝つきを少しでも改善するためには、眠るためのリラックスした環境・心身を整えることがおすすめです。こちらを参考になさってください。


②加齢により睡眠ホルモンが減少するのは、睡眠ホルモンを出す細胞の数が減ったり、機能が衰えたりするからだと考えられます。
ノンレム睡眠時間が減少するのは、ノンレム睡眠を司る脳の部分の機能が低下するからです。

睡眠についてはまだ詳しく解明されていないことが多くありますが、すみさんの今のお悩みである「寝つけない」ことと「寝ても疲れがとれない」ことにはつながりがありそうです。

スムーズに寝つくために、眠る前の過ごし方を工夫することも大切ですが、眠りは起床の延長線上にあります。起床後の過ごし方も、よい眠りにつながっています。
起床時刻をなるべく揃える、朝は太陽の光を浴びる、朝食を食べるといったことが体内時計をリセットし、日中を活発に過ごす原動力になり、夜に自然と眠くなるリズムを作ります。

さいごに、眠りの問題が慢性化してしまうと、すみさんの日常生活への影響が大きくなってしまいます。眠りの不調が数週間、月単位で続くようなら、睡眠専門医へのご相談をご検討下さい。

雨晴クリニック副院長 坪田聡
Fuminners編集部 睡眠改善インストラクター 和田和子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。