いつもだいたい21時〜22時に寝ていますが必ず12時半〜1時半に目が覚めます。
それから朝方5〜6時まで眠れません。
それに眠っても2時間位で目が覚めます。
日中はだるく、お昼頃まで起きたり寝てたりします。
今は仕事をしていませんが、今後のことを考えると不安です。
このままでいいのか、朝方は眠らないようにしたらいいのか、日中はだるくても起きていないといけないのか・・・
どうかよろしくお願いします。

当方 40代
性別 女

睡眠改善インストラクターより

2016.12.1

きゃんでーさん、夜中に途中で目覚めて、その後眠れなくなってしまうのですね。お布団にいる時間はそれなりに確保できていても、実睡眠時間が短いと疲労回復が追い付かず、どうしても昼間にしわ寄せが来てしまいますね。眠るときにはしっかり眠る、起きているときはしっかり活動できるリズムのある身体づくりをしていきましょう。

■ポイント①
まず、起きる時間はなるべく一定にしてみましょう。起きて太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされ、身体のリズムが始まります。朝に寝たり起きたりを繰り返してしまうと体内時計をうまくリセットできなくなります。
もし疲れがたまって午前中にもう一眠りしたいときには、“そのまま長寝”ではなくこちらの方法をお試し下さい。

■ポイント②
夜中に途中で起きても(「中途覚醒」といいます)、時計を見るのはNG。つい時間が気になってしまうお気持ちはよくわかりますが、さらに症状を悪化させてしまうと言われています。
不眠タイプ別の対処法

さらに、上記に加えて以下のポイントもチェックしてみて下さい。

▼睡眠物質をためる
ぐっすり眠るには、睡眠物質をためることも重要。運動や適切な昼寝、カフェインをうまく活用して、睡眠物質をためる工夫をしてみましょう。運動は無理のない程度に、お昼寝は15時までに20分程度に留めましょう。
睡眠物質をためる方法

▼眠くなってからお布団へ
きゃんでーさんの寝つきはいかがですか?決まった時間に寝ることも大切ですが、眠くなってから寝床に入ることで、その後のスムーズな入眠、質の良い睡眠につながります。眠る時間が日によって多少前後しても、起きる時間は一定にするのがポイント。

▼眠れる環境の見直しを
質の良い眠りのためには、環境的にも眠れる環境・習慣を整えておくことが大切です。眠りを妨げる原因がないか、チェックしてみましょう。
眠れない原因と対策

起きる時間が揃えられるだけでも、身体のリズムは今よりも少しずつ整ってきます。焦らずに、きゃんでーさんのペースでいい眠りを作っていきましょう。

Fuminners編集部
睡眠改善インストラクター 和田和子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。